in

最適な異常検知モデルを自動生成する新たなAI技術を開発

異常検知モデルを最適化する作業時間を大幅に短縮、異常データの収集時間がゼロに

東京エレクトロン デバイス株式会社(横浜市神奈川区、代表取締役社長:徳重 敦之 以下、TED)は、製造設備の異常検知・故障予測による予知保全の実現に向け、正常時の設備の時系列データから最適な異常検知モデルを自動生成する新たなAI技術を開発しました。

◆開発の背景

これまで、TEDでは収集した設備の正常状態と異常状態のデータから最適な異常検知モデルや故障診断モデルを開発する作業を自動化する、時系列データ自動分析マシン「CX―M」を提供し製造現場の分析作業を支援してきました。一方で、製造設備によっては異常データ、故障データを短期的に収集することが難しく、データ収集が進捗せずに予知保全システムの構築が不完全に終わるという課題が多くありました。

◆技術の概要

今回開発した新たなAI技術は、設備の正常データから想定される多様な異常データを生成し最適な異常検知モデルを自動生成するため、異常データの収集にかかる時間をゼロにします。また、データ分析の専門家が設備の異常データを長期間にわたり複数回取得し、繰り返し行ってきた異常検知モデルの最適化作業は、本技術を用いることで作業時間を大幅に短縮する共に、実際に故障が発生するまで異常検知モデルの効果・精度を検証することができないという課題を解決します。

◆技術の特長

本技術は、独自の異常データ自動生成エンジンが、準備した正常な時系列データからデータの分布の偏りを考慮し、設備の周波数、トレンド、スパイク、位相などを想定した多様な異常データを自動生成します。そして、正常データと生成した異常データを使い、判定モデルの精度が最も良くなる最適な特徴抽出方法、機械学習アルゴリズム、機械学習パラメータの組み合わせを自動探索し、異常検知モデルを作成します。また、異常データ自動生成エンジンは、分布の偏りだけではなく、振幅の自動調整や季節性変動なども考慮した上で、画一的なデータではなく自然かつ固有のデータを複数生成することが可能です。

 

 

異常検知最適モデルの自動生成アーキテクチャー

d10609-175-269104-0.jpg

※異常検知最適モデルの自動生成アーキテクチャー 特許出願中

TEDは、今後、今回開発した新技術をCX-Mの新たな機能として開発をすすめるとともに、実証検証を行って参ります。さらに、製造業向けソリューションへの展開を進めてまいります。

■時系列データ自動生成マシン「CX-M」の機能・特長

CX-Mは、予知保全や品質改善を目的に、設備の異常検知、故障予測のための時系列データ分析作業と推論モデル(AI)生成を自動化するマシンです。従来データ分析の専門家(データサイエンティスト)が行っていた分析作業(データ前処理、特徴抽出、機械学習による推論モデル(AI)作成)およびプログラム開発作業を自動化し、素早いデータ活用を実現します。

URL: https://www.inrevium.com/product/cxm/

TED REAL IoT東京エレクトロンデバイス

チャンネル登録者数 41人

異常判別プログラム自動生成マシン「CX-M」 【TED REAL IoT】

 

【東京エレクトロン デバイス株式会社について】

東京エレクトロンデバイスは、半導体製品やビジネスソリューション等を提供する「商社ビジネス」と、お客様の設計受託や自社ブランド商品の開発を行う「開発ビジネス」を有する技術商社です。

URL: https://www.teldevice.co.jp/

<本件に関するお客様からのお問合せ先>

東京エレクトロン デバイス株式会社

PB BU デジタルファクトリー営業部 神本

Tel:045-443-4030、Fax:045-443-4062

お問い合わせURL: https://survey.zohopublic.com/zs/lUCsI9

※ このニュース リリースに記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。

<本件に関する報道関係からのお問合せ先>

東京エレクトロン デバイス株式会社 総務部 広報グループ 堀田・山下

Tel:045-443-4132、Fax:045-443-4050

お問い合わせフォーム: https://www.teldevice.co.jp/cgi-bin/form/contact.php

関連情報

https://prtimes.jp/my_m3/mypage/action.php?run=mypage&page=detail&company_id=10609&release_id=175

レポートする

Written by ManuTech編集部

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Loading…

0

よければ高評価をお願いします!

ものづくり現場にデータ活用の風を。エフ・シー・シー様の分析ツールnehan活用事例を公開

製造業のDX!機械、人、場所をまとめて見える化、カンタン管理!ものづくりのプロジェクト管理を助ける新機能『Lychee機械管理』をリリース