in ,

製造現場をカンタン見える化!製造業の現場から生まれた現場改善IoTツール「Genba Vision」の提供を開始しました。

生産状況・機械停止内容など、製造業の現場の作業過程をタッチパネルの簡単な操作によりデータで記録できます。自動でグラフ化されるので、効率的な分析・報告が可能です。また、独自のノウハウ100項目を参考にすることで、業務改善の生まれやすい、活気あふれる現場を目指せます。

株式会社松田電機工業所(所在地:愛知県小牧市 代表:松田 佳久)は、製造現場向け現場改善IoTツール「Genba Vision」の提供を開始しました。

昭和21年の創業から75年間、日本の自動車産業を牽引する愛知県で、大手自動車メーカーに納品する自動車部品を製造してきた弊社のノウハウから生まれたソリューションです。

d80355-8-896096-0.png

製造業の現場には、まだまだアナログな業務が多く存在しています。

作業時間や内容を紙に手書きで記入し、それを後でエクセルに転記することもあるため、効率的ではないと言えます。また、機械停止などのトラブルが発生した際に、復旧が最優先のため、正確な原因や停止時間が記録されないままであることもありました。

「Genba Vision」は、こうした課題を抱えた製造業の現場の声から生まれました。

記録・分析する過程をわかりやすく効率化することで、現場の改善をお手伝いします。

自社での運用で、月間の設備停止の件数とその原因の解明・改善に取り組みました。

その結果、設備停止の50%を占めていた要因をグラフ化されたデータでハッキリと特定し、改善を行うことで同原因による停止を63.3%減少させることができました。

 

d80355-8-103512-1.png

・Genba Visionとは

d80355-8-953244-2.png

Genba Visionは、生産状況や設備停止などを簡単にデータで記録し、自動で分析を行う

現場改善IoTツールです。

Genba Visionは、設備の動作とランプの点灯状況を監視する各センサーを用いて、Genba Vision本体からPCへデータを自動で蓄積・グラフで見える化される仕組みです。

生産状況の記録操作や、異常検知時の操作など、タッチパネル式モニターで誰でも簡単かつ直感的に操作できるIoTシステムです。

・Genba Visionのメリット

①機械設備停止の要因・履歴をタッチパネルで簡単記録!

設備の不具合や停止をセンサーがキャッチすると、自動で停止理由の入力画面に切り替わります。

タッチパネルで選択するだけの簡単な操作により、リアルタイムでデータとして記録できます。

②溜まったデータも自動でグラフ化!報告用の資料作りも簡単!

現場の生産状況や設備停止など、記録されたデータは自動的に数字化、グラフ化されるので、あとは資料にコピーするだけで活用できます。

わかりやすいグラフで製造工程が見える化され、報告や改善もスムーズに行えます。

d80355-8-481757-3.png

③お使いの設備に工事不要の外付け設置!有線接続のため安心!安定!

外部センサーを設備に取り付けるだけなので、種類や年式、メーカ問わず適用可能です。

面倒な工事などは一切不要なので、安価で導入できます。

また、有線接続にすることで安定したデータ取得が可能になりました。

接続トラブルやデータ取得が途切れる心配は不要です。

④現場改善の参考になる100のノウハウ!現場の改善力アップのきっかけをご提供!

樹脂成形の現場を改善してきた100項目の自社ノウハウを保有しているのは、他ツールとの大きな違いです。

弊社がご紹介する事例を現場改善の参考にすることで、ボトムアップで自発的に改善が行われるような、活気ある現場を目指すことができます。

▼製品・サービス内容

GenbaVision本体、光電センサー、光フォトセンサー、専用PC、モニター、保守・季刊誌、100項目のノウハウ事例集など

※導入先の設備によりカスタマイズします。

d80355-8-804525-4.png

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

株式会社松田電機工業所

【所在地】 愛知県小牧市下小針天神3-347

【設立】  昭和33年4月

【業種】  自動車スイッチ製造

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【公式サイト】

https://www.genbavision.com/

【企業サイト】

https://matsudadenki.co.jp/

【twitter】

https://twitter.com/genbavision1121

【本リリースに関するお問い合わせ先】

松田電機工業所 顧客開拓営業部 鈴木

   asashi-suzuki@matsudadenki.co.jp

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。

【本リリースに関するお問い合わせ先】

松田電機工業所 顧客開拓営業部 鈴木

asashi-suzuki@matsudadenki.co.jp

関連情報

https://prtimes.jp/my_m3/mypage/action.php?run=mypage&page=detail&company_id=80355&release_id=8

レポートする

Written by ManuTech編集部

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Loading…

0

よければ高評価をお願いします!

オンライン機械部品調達サービス「meviy」 FA板金部品 全ての部品形状で最短1日出荷を実現

ワークフォースマネジメント市場は2027年までCAGR10.2%で成長する見込み