in ,

定量ポンプの市場規模、2026年に79億米ドル到達見込み

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「定量ポンプの世界市場 (~2026年):タイプ (ダイヤフラム・ピストン/プランジャー)・エンドユーザー産業 (水処理・石油化学・石油&ガス・化学処理・医薬品・食品&飲料・繊維・自動車・パルプ&紙)・地域別」 (MarketsandMarkets) の販売を4月13日より開始いたしました。

定量ポンプの市場規模は、2020年の61億米ドルからCAGR4.4%で成長し、2026年には79億米ドルに達すると予測されています。定量ポンプの需要を支えているのは、上下水道処理に関する規制の強化、製造業の成長、化学・石油・ガス産業の生産・精製能力の向上、発展途上国における医薬品・食品・飲料産業の堅調な成長などが挙げられます。

 

COVID-19パンデミックと原油価格の下落が定量ポンプ市場に与える影響

 

原油価格の下落、需給ギャップ、COVID-19パンデミックの影響は、定量ポンプ市場に深刻な影響を与えました。中でも、COVID-19は、製油所の処理能力の低下、製造活動の停止、サプライチェーンの混乱、世界各地での拡張プロジェクトの延期などを引き起こし、定量ポンプの需要を減少させています。一方、パンデミックの間、食品・飲料や製薬業界からの定量ポンプ市場への需要が増加し、製造業からの需要の減速を相殺する事ができました。

 

牽引要因:下水処理に対する厳しい規制と設備強化

 

国連によると、全世界で22億人が安全な飲料水を手に入れることができず、一方で、水の使用量は毎年1%ずつ増加しています。さらに、廃水の80%以上が処理されずに自然環境に排出されると言われています。国連世界水開発報告書2020によると、製造業の淡水の使用量は19%に達しており、2050年には24%まで増えると予測されています。各国は水質汚染を最小限に抑えるために廃水に関する厳しい規制を設けています。定量ポンプは、塩素やその他の化学物質を水に投入し、pH値を維持し、病原体を死滅させる目的で廃水処理に使用されています。そのため、水処理場や廃水処理場で定量ポンプの需要が高まっています。

 

 

課題:エンドユーズ業界からのカスタマイズ要求の高まり

 

さまざまな業界の定量ポンプの要件は、アプリケーションによって異なります。 投与要件に応じて、流量と吐出圧力を調整する必要があります。 さらに、さまざまなOEMメーカーの要件は、製品の設計とパフォーマンスに関して業界によって異なります。 測定および制御技術を備えた計量ポンプ、端子ボックス、大規模なシステムを備えた制御キャビネット、およびPLCプログラマブルロジックコントローラの必要性が高まっています。

 

 

【 当レポートの詳細目次 】

https://www.gii.co.jp/report/mama995102-metering-pumps-market-by-type-diaphragm-piston.html

 

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

 

【本件に関するお問合せは下記まで】

販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション

Tel:044-952-0102

e-mail:jp-info@gii.co.jp

URL:https://www.gii.co.jp/

〒215-0004

神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

関連情報

https://www.value-press.com/pressrelease/268867

レポートする

Written by ManuTech編集部

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Loading…

0

よければ高評価をお願いします!

製品情報管理市場 2021年~今後の展開、メーカー、動向、シェア、規模、2027年までの予測

造形コストを抑えて大型造形を実現した3Dプリンター「Stratasys F770™」取り扱い開始