in ,

AR開発プラットフォーム「Vuforia」販売開始:シミュレーション、デジタルツイン技術(※1)の活用を促進し、製造業のリモート業務/DXを支援!

工場内機器の故障予知保全や保守作業の技術伝承など、AR(拡張現実)ソリューションを最大限利用した製造業のDXを促進させます。

サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役 社長執行役員:安江 令子、以下「サイバネット」)は、PTCジャパン株式会社(ピーティーシー・ジャパン、本社:東京都、以下「PTCジャパン社」)と日本における販売代理店契約を締結し、PTC Inc.(本社:米国 マサチューセッツ州、以下「PTC社」)が開発するAR開発プラットフォーム「Vuforia(ビューフォリア)」の販売および技術サポートを、2021414日から開始することをお知らせします。

=================================

製造業の「リモート作業支援AR()で実現するIoT連携

=================================

ニューノーマルにおける働き方として、一般社会にテレワークの浸透が進む中、従来リモート業務が難しいとされてきた製造業の現場でも、ARを活用して遠隔地から作業指示を行う動きが広がりつつあります。

AR開発プラットフォーム「Vuforia」は、既存の3D CAD設計データを有効活用して自社でARの動作設定やコンテンツを作成するツールや、ビデオ通話とあわせて遠隔地の現場作業者に指示できるソフトウェアがあり、製造業のニーズに応える機能が豊富に搭載されています。これにより、リモート環境でも製造、品質管理、保守メンテナンスの大幅な効率化が期待できます。

また、CAEソリューション、IoTプラットフォーム「ThingWorx()と「Vuforia」を連携させたソリューションの提供が可能になり、サイバネットが得意とするデジタルツイン技術の活用領域が更に広がりました。

例えば、工場のセンサーなどから得られたデータをThingWorxで収集し、CAEの解析結果と合わせて予測することで、Vuforiaを使って交換すべき実際の部品箇所をタブレット端末上で立体的に表示させたり、その交換作業手順をスマートグラスを通して表示させたりすることが可能になります。想定外のシステム停止や機器の重大な損傷を未然に防ぎ、稼働率向上やメンテナンスコスト削減に寄与します。

また、オフィスや工場内の温度や空気の流れをセンサーで取得し、その計測データから空間内全体の空気の流れを解析してVuforiaで作成したARで表示することで、新規設備導入や工場内レイアウト変更による環境の変化を正確に予測します。ARによる事前検証により、リスクの少ない設備変更を可能にします。

【動画】監視ツールと連携して計測データをリアルタイムでAR表示

CYBERNETchannel

843 subscribers

監視ツールと連携して計測データをリアルタイムでAR表示

<div class=”player-unavailable”><h1 class=”message”>An error occurred.</h1><div class=”submessage”><a href=”https://www.youtube.com/watch?v=E0CytkkbtWY” target=”_blank”>Try watching this video on www.youtube.com</a>, or enable JavaScript if it is disabled in your browser.</div></div>

 

=================================

 Vuforia」多様なニーズに対応する3種類のソリューションおよび特長

=================================

■ Vuforia Studio:自社で作業支援ARの動作設定やコンテンツ作成が可能

プログラミング不要で作業支援ARの動作設定やコンテンツ作成が可能なソリューションです。既存の3D CADモデルや、アニメーションの再利用が可能で、整備マニュアルや組み立て手順書のARマニュアルを自社で作成することができます。

■ Vuforia ChalkARリモート支援にも活用可能

ARとビデオ通話で熟練者が遠隔地にいる現場の技術者を支援できるソリューションです。タブレットなどの画面に作業現場をARとして表示することで、熟練者が現場技術者と3Dの作業空間を共有し指示内容を提示することができます。

ARで書き込みながら通話ができるため、遠隔地にいる熟練者が現場技術者に付き添って指導するような効果を発揮します。移動や出張に伴う費用および時間コストの削減にも貢献します。

d4714-403-332114-1.png

■ Vuforia EngineARコンテンツ作成ツール

ARコンテンツの開発者向けソリューションです。多彩なAR認識機能を搭載しているため、様々なシーンで利用可能なARのコンテンツを開発できます。

最新バージョンで実装されているエリアターゲット機能では、空間全体を対象としてAR表示できるため大規模な設備点検のARマニュアルの作成も可能です。

d4714-403-370210-0.png

=================================

価格

=================================

別途お問い合わせください。

=================================

オンラインセミナー

=================================

Vuforia製品の紹介セミナーを実施します。多くの方のご参加をお待ちしております。

日  時 2021428日(水) 1100~(30分程度)

開催形式 :オンライン(Web会議システムZoomを用いたWebセミナー)

ARの産業応用に興味のある方/IoT連携、DXを推進したい方/ARアプリを開発されている、または開発したい方

無料(事前登録制)

お申込み: https://www.cybernet.co.jp/ar-vr/seminar_event/vuforia_intro.html

Vuforiaの詳細については、下記Webサイトをご覧ください。

https://www.cybernet.co.jp/ar-vr/products/vuforia/

———————————————————-

【注釈】

1: デジタルツイン技術:デジタルの空間内に現実の環境を再現することで、現実の環境の変化をリアルタイムでモニタリングしたり、シミュレーションができる技術。

2: リモート作業支援ARAR技術によって、保守・メンテナンスなどの作業に関する付加的な情報をタブレットやウェアラブル端末(スマートグラスなど)の画面上に遠隔地の人と共有して表示させるシステム。マニュアルにある手順だけでなく、マニュアル化されていない熟練者の現場ノウハウまでデジタル化して必要な場面で画面上に表示でき、経験年数やスキルに関わらず的確かつ効率的な作業を支援できるのが特長。

3: IoTプラットフォーム「ThingWorx」: PTCが提供する製造業向けの統合IoTプラットフォーム。ノーコードでIoTアプリケーションを開発できる機能だけでなく、産業用IoTで必要な機能をワンストップで提供しているのが特長。

————————————————————-

PTC社について

PTCは、企業の製品とサービスの差別化、優れた運用性の向上および従業員の生産性の向上を可能にする、市場実績の高いソリューション群を提供し、インダストリアル・イノベーションを推進します。PTCとそのパートナー・エコシステムを活用することで、製造業は現在の新技術の可能性を活かし、デジタル・イノベーションを推進できます。

PTC社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。

https://www.ptc.com/

PTCジャパン社について

PTCの日本法人(本社:東京都新宿区)。CAD、製品ライフサイクル管理(PLM)IoTアプリケーション開発プラットフォーム、拡張現実(AR)オーサリングソリューションの各テクノロジー ソリューションにより、製造業における顧客企業を支援。拡張性と相互運用性に優れた製品設計ソフトウェア群の Creo、製品とサービスのライフサイクル全体にわたる製品コンテンツと業務プロセス一元管理のWindchill、工学技術計算の設計と文書化を同時に行える MathcadIoTアプリケーション開発プラットフォームのThingWorx、拡張現実(AR)オーサリングソリューションのVuforia、産業用接続プラットフォームのKepwareといった革新的なソフトウェア製品と、製品開発業務プロセス改革コンサルティング、製品教育サービス、テクニカルサポートを提供しています。 19923月設立。国内4事業拠点。

PTCジャパン社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。

http://www.ptc-jp.com

PTCの社名、ロゴマーク、Creo、およびすべてのPTC製品の名称は、PTC Inc.(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。その他、記載している会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

サイバネットについて

サイバネットシステム株式会社は、CAEのリーディングカンパニーとして、30年以上にわたり製造業の研究開発・設計関係部門、大学・政府の研究機関等へ、ソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティングを提供しています。またICT分野では、最新のセキュリティソリューションのみならず、企業のセキュリティ向上に欠かせないIT資産管理ツールやIT運用管理ツールを提供しています。近年では、IoTやデジタルツイン、ビッグデータ分析、AI領域で、当社の得意とするCAEAR/VR技術と組み合わせたソリューションを提案しています。

企業ビジョンは、「技術とアイデアで、社会にサステナビリティとサプライズを」。日々、多様化・複雑化する技術課題に向き合うお客様の課題を、期待を超える技術とアイデアで解決し、更にその先の変革へと導くことを目標に取り組んでまいります。

サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。

https://www.cybernet.co.jp/

記載されている会社名および製品名は、各社の商標および登録商標です。

—————————————————————

本件に関するお問い合わせ先:サイバネットシステム株式会社

—————————————————————

内容について

CAE事業本部営業統括部 戦略企画部/荒井

E-MAILcnc-info@cybernet.co.jp

報道の方は

コーポレートマーケティング部/宮崎

E-MAILprdreq@cybernet.co.jp

投資家の方は

IR室/目黒

E-MAILirquery@cybernet.co.jp

———————————————————-

 関連情報

https://prtimes.jp/my_m3/mypage/action.php?run=mypage&page=detail&company_id=4714&release_id=403

レポートする

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

Loading…

0

What do you think?

協働ロボット.comウェビナー「事例でわかる!搬送業務自動化の進め方〜自律走行搬送ロボットMiR導入で工程間搬送を大幅改善」【4/21開催、参加者募集中】

バイオマス素材を使用したパレットを開発・実用化