in

アップルカーの受注獲得、部品メーカーに3つの新流儀 (xtech.nikkei.com)

 米Apple(アップル)は敵か味方か――。ユーザーを奪い合う格好になる自動車メーカーにとっては脅威だが、サプライヤーから見ると部品の供給先を増やせる絶好のチャンスだ。ただし、受注の取り方は変わる。「アップルカー」に代表される次世代車両が求める価値を提供できるか。新しい流儀での取り組みが始まった。

この投稿は、私たちのかんたんな投稿フォームで作成されました。 記事を投稿してみる!

レポートする

Posted by tksaksk

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

Loading…

0

What do you think?

2028年までに4億560万米ドルの資本支出に達する電気油圧式アクチュエータ市場|| 3.50%のCAGR

アジア太平洋地域の自動3D印刷市場は、2020年から2030年にかけて40.4%成長します