in

国際女性デー|HAPPY WOMAN AWARD 2021 for SDGs コーセーが企業部門「女性応援ブランド賞」を受賞 3月8日 「国際女性デー」に表彰式を開催

株式会社コーセー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小林 一俊)は、このたび「国際女性デー|HAPPY WOMAN AWARD 2021 for SDGs」(事務局:一般社団法人HAPPY WOMAN(※1))において、当社の「ジェンダーにとらわれず活躍できる社会へ貢献する」企業姿勢と多岐にわたる取り組みが評価され、当社として初めて企業部門「女性応援ブランド賞」を受賞しました。「女性応援ブランド賞」とは、女性を応援する商品やサービスを展開し、女性活躍の推進に寄与した企業を表彰するものです。

(※1) 「女性のエンパワーメント推進と社会活性化」及び「SDGs(持続可能な開発目標)推進」を目的に、国連が制定している毎年3月8日の「国際女性デー」を日本に普及する活動を行う団体 : https://happywoman.online/secretariat/office/

 

d41232-191-295059-5.jpg

表彰式の様子(3月8日・東京都内)  写真左:株式会社コーセー執行役員 情報統括部長 小椋敦子、 写真右:オイシックス・ラ・大地株式会社 サービス進化室 荒川様

表彰式は、国際女性デー当日の2021年3月8日に東京都内で開催されました。個人部門は7名、企業部門では当社を含め2社が表彰を受けています。当社の代表として、ダイバーシティ&インクルージョンを推進する全社横断組織の「働きがい創出委員会・多様な働き方分科会」でリーダーを務める小椋(おぐら)敦子(あつこ)(執行役員 情報統括部長、2021年3月21日より研究所長)が登壇しました。なお、新型コロナウイルス感染症の状況を鑑み、表彰式は無観客にて執り行われました。

1991年より「美しい知恵 人へ、地球へ。」をコーポレートメッセージとして発信している当社グループは、2020年4月、グループ全体のサステナビリティに関する取り組みと2030年までの目標をまとめた、「コーセー サステナビリティ プラン」(※2)を発表しました。この中の取り組みテーマのひとつとして「ジェンダーにとらわれず活躍できる社会への貢献」を掲げ、事業活動や企業活動、社内制度改革など、全社をあげてダイバーシティ&インクルージョンの推進に取り組んでいます。今後も、誰もが自信と活力にあふれ、お互いを認め合う豊かな未来の実現に向け、「美」を通じた社会全体に対するポジティブな取り組みを積極的に推進していきます。(※2) 2020年4月30日発行ニュースリリース : https://www.kose.co.jp/company/ja/content/uploads/2020/04/20200430.pdf

  • 選定理由

女性活躍を推進する当社の企業活動の中でも、特に下記が選定理由として認められました。

d41232-191-152789-1.jpg

1: 1985年にはコーセーグループで初めて女性の取締役が就任するなど、長きにわたり多様な価値観を受容する企業文化が根付いており、継続して社内におけるダイバーシティ&インクルージョンの推進(※3)を積極的におこなっている。2020年時点で取締役における女性比率30%、指導的地位にある社員の女性比率38.5%、「MSCI日本株女性活躍指数(WIN)」の構成銘柄にも選定されるなど、社内制度の制定や、環境整備、社員のマインド向上など、さらなる女性活躍を推進している。

d41232-191-828668-2.jpg

2: 1946年の創業以来、女性をはじめとする社会の誰もが自分らしく自信をもって健やかに生きる社会の実現へ貢献するために、化粧品の持つポジティブな価値を世の中に提供している。医療従事者支援プロジェクト「You are my HERO」(※4)や、「#ケアワーカーをケアしよう」プロジェクトへの賛同(※5)、「美」「芸術性」「ファッション性」の観点からのスポーツ振興支援(※6)など、化粧品メーカーだからこそできる、「美」を通じて世の中を明るくする活動を推進している。

d41232-191-424063-3.jpg

3: 1991年のCI導入を機に、「美しい知恵 人へ、地球へ。」をメッセージとして発信し、環境的側面から健やかな社会づくりに貢献している。代表的スキンケアブランド『雪肌精』において、2009年より雪肌精「SAVE the BLUE」プロジェクト(※7)を推進し、2020年に行ったブランド初のリブランディング(※8)以降、企業のサステナビリティ推進活動を牽引するブランドとして、容器におけるサステナブル素材の採用や使用済み容器の回収など、積極的な取り組みを実施している。

(※8) 中長期計画「VISION2026」および「コーセー サステナビリティ プラン」で取り組むダイバーシティ&インクルージョンの推進

企業HP: https://www.kose.co.jp/company/ja/sustainability/diversity/

(※4) 新型コロナウィルス感染症に対応する医療従事者への感謝の気持ちを込めて、医療機関へ化粧品を寄贈するプロジェクト

企業HP: https://www.kose.co.jp/company/ja/topmessage/

(※5) 新型コロナウィルス感染症が拡大する中、介護や福祉活動従事者への感謝の気持ちをカタチにするプロジェクト。

2021年2月25日発行ニュースリリース: https://www.kose.co.jp/company/ja/content/uploads/2021/02/2021022501.pdf

(※6) 2006年から継続しているアスリート支援活動

企業HP: https://www.kose.co.jp/company/ja/sustainability/special2-2016/

(※7) 当社を代表するスキンケアブランド『雪肌精』の売上の一部を海や陸の環境保全のために寄附するプロジェクト

企業HP: https://www.kose.co.jp/company/ja/sustainability/special1/

(※8) 2020年6月26日発行ニュースリリース: https://www.kose.co.jp/company/ja/content/uploads/2020/06/20200626.pdf

  • 受賞コメント

d41232-191-976835-6.jpg

当社は、「美しい知恵 人へ、地球へ。」というコーポレートメッセージのもと、「美」を通じて、気持ちが明るく健やかになっていただくような価値を社会の皆さまに提供できるよう、化粧品の開発やサービスの提供、サステナビリティの推進活動を積極的におこなってきました。2009年から続けております雪肌精「SAVE the BLUE」プロジェクトを通じた環境側面から社会を健やかにする活動をはじめ、最近では化粧品の寄贈等を通じてコロナ禍のもと医療やケアワークに従事される方々を応援する活動、ダイバーシティ&インクルージョン宣言を通じて社内のダイバーシティを推進しつつ、社会にもメッセージを発信する活動など、企業全体で推進してきた活動が皆さまからのご理解とご支持をいただき、今回の受賞につながったことに、心から感謝を申し上げます。これからも、皆さまと一緒に、「美」のもつポジティブな価値を積極的に発信し、明るく健やかな社会づくりに貢献していきたいと考えております。

  • サステナビリティに対する当社の取り組み

■「コーセー サステナビリティ プラン」

https://www.kose.co.jp/company/ja/content/uploads/2020/04/kose_sustainability_plan20200430.pdf

d41232-191-170933-4.jpg

■コーセー 企業情報サイト 「サステナビリティ」https://www.kose.co.jp/company/ja/sustainability/

 

関連情報:PRTIMES https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000191.000041232.html

レポートする

Written by 國定菜生

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

Loading…

0

What do you think?

【オンラインセミナー】音声認識で製造業の業務効率化 事例 / 製品紹介セミナーのお知らせ【3月開催】

小型ロボットがエリア内の店舗から住宅へ商品を届ける配送サービスの実証実験をFujisawaサスティナブル・スマートタウンで実施