in

「新基建」とは何か?アフターコロナに向けた中国の動きを解説 (www.sbbit.jp)

新型コロナの影響により約2か月半遅れの2020年5月に開催された中国の全国人民代表大会(全人代)において、コロナ禍でダメージを受けた中国経済の復活のけん引役として「新型基礎設施建設(新基建)」という新たなインフラ建設を進める方針が示されました。今回は、「新基建」の発表から約半年が経ち、共産党結成100周年、第14次5か年計画の開始年でもある2021年を迎えた中国の動きを取り上げます。

この投稿は、私たちのかんたんな投稿フォームで作成されました。 記事を投稿してみる!

レポートする

Posted by 國定菜生

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

Loading…

0

What do you think?

展示会営業の専門家に聞いた 中小企業でもできるオンライン展示会のコツ (www.j-cast.com)

アメリカの中小企業製造業者がロボットの導入を躊躇するわけ