in

DataRobot CEOシバタアキラ氏が語る「日本企業のAI活用の勝ち筋」 (enterprisezine.jp)

 スキルレベルを問わずに誰もがより良い予測モデルを作り、ビジネスに実装できる「AIの民主化」を提唱しているDataRobot。その日本法人に2015年の日本進出当時から、データサイエンティストとして多くの日本企業を支援してきたのが柴田暁(シバタアキラ)氏である。同氏は2020年11月にDataRobot Japanの代表に就任。今後のAI活用として「エンドツーエンドの自動化」と「マルチモーダル」が重要と語る。

この投稿は、私たちのかんたんな投稿フォームで作成されました。 記事を投稿してみる!

レポートする

Posted by 國定菜生

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

Loading…

0

What do you think?

製造業「対コロナ」に活路 島津製作所は半年でPCR装置開発 (www.sankeibiz.jp)

リチウムイオン電池、世界をパワーアップへ (jp.wsj.com)