in ,

東大発VCの圧倒的投資力が、海外スタートアップとのオープンイノベーションを可能に (forbesjapan.com)

日本の投資家は、海外のスタートアップに投資をすることで、日本との協業をどのように図っているのだろうか? 東京大学と提携するベンチャーキャピタルである「東京大学エッジキャピタルパートナーズ(UTEC)」のプリンシパルでありForbes Asia 30 Under 30 受賞者のKiran Mysore氏、UTEC代表取締役社長マネージングパートナーの郷治友孝氏、デロイトトーマツベンチャーサポート シニアコンサルタントのVinod Vasudevan氏に話を伺った。

UTECの海外スタートアップ投資事例

UTECは、東京大学と提携しながら、約550億円のAUM(資産運用額)と110以上の投資先を擁する独立系ベンチャーキャピタルだ。Mysore氏は、主にインド、シンガポール、米国といった海外のDeep-techスタートアップに、およそ2500万ドルに及ぶ投資を担当している。以下に、投資事例を挙げる。

この投稿は、私たちのかんたんな投稿フォームで作成されました。 記事を投稿してみる!

レポートする

Posted by tksaksk

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

Loading…

0

What do you think?

中小製造業の生きる道、「研究開発型」で道を切り開く由紀精密の挑戦 (monoist.atmarkit.co.jp)

2021年の製造業のためのスマート技術のトレンド6