in

コロナ禍で生まれた3Dプリンタ活用の流れが、デジタル製造を加速 (monoist.atmarkit.co.jp)

コロナ禍において、3Dプリンティング/アディティブマニュファクチャリング(以下、AM)の価値があらためて再認識されています。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な感染拡大は、各地でロックダウン(都市封鎖)や緊急事態宣言を招き、人々の健康や暮らしだけでなく、経済にも大きな影響を与え、今もなお終息の道筋が見えていません。製造業においては生産や物流機能が停止し、サプライチェーンが寸断され、工場の稼働停止に追い込まれるケースなどもみられました。

 こうした誰もが予期せぬ事態、サプライチェーンの脆弱(ぜいじゃく)性に直面したコロナ禍において、その存在感を強く示したのが3Dプリンティング/AMでした。

この投稿は、私たちのかんたんな投稿フォームで作成されました。 記事を投稿してみる!

レポートする

Posted by 國定菜生

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

Loading…

0

What do you think?

製造業のSEO対策を基礎から解説、「加工事例」が超重要なワケとは (www.sbbit.jp)

世界の製造業⑮「韓国」 (keikakuhiroba-mfi.com)