in

製造業のデジタルトランスフォーメーションの進め方

デジタルトランスフォーメーション戦略

製造業におけるIoT導入の全体的な成功には、明確に定義されたデジタルトランスフォーメーション戦略が不可欠です。戦略は、開発と生産から高度な品質管理、納品、分析に至るまで、事業活動のあらゆる側面をカバーしなければなりません。

潜在的な課題を特定するために、会社のレガシーシステムの状態を考慮に入れる必要があります。新システムの導入が始まる前に、現在および過去の状態にある機械から可能な限り多くのデータを収集する必要があります。

IoTは製造業にとって多くの可能性がある方向性を提供していいて、この無数の選択肢が混乱を招く可能性があります。そのため、明確な戦略を立てることが焦点を絞るために不可欠です。この焦点の一部は、もちろん顧客のニーズであり、これはデジタルトランスフォーメーションプロセスの中心的な目標であるべきです。

 

1つずつデジタルトランスフォーメーション戦略の内訳を見てみましょう。

1. インダストリー4.0のロードマップの作成

デジタル化に関する企業の現状を考慮に入れ、5年間の目標を設定します。ROIが最も大きい目標を最優先し、経営者層を巻き込むための対策も検討するべきです。

2. POCを確立するプロジェクトの決定

このやや実験的な段階では、さまざまなパイロットプロジェクトを使用して、機能横断的なチームのパフォーマンスを確立し、プロセスがどれだけアジャイルであるかを評価する必要があります。

3. 目標とする機能の定義

ステップ2.で得た知識に基づいて、企業にとって最も価値のあるインダストリー4.0の機能を決定します。この段階では、新技術を導入するためのチームの能力や、追加採用が必要かどうかについても検討します。

4. データ分析の活用の習得

インダストリー4.0に進むには、収集したデータを分析できなければ意味がありません。この分析は、すぐに意思決定プロセスに反映されなければなりません。

5. 企業としてデジタルトランスフォーメーションの採用

インダストリー4.0の導入は、一時的な調整段階ではありません。メリットを享受するためには、この新しいアプローチを全社的に採用し、トップから主導し、Cクラス経営者や財務関係者が主導権を握る必要があります。

6. エコシステムの不可欠な一部として発展

IoT を使用して顧客のためのより良いソリューションを提供していくには、ビジネス・エコシステムの中での自社の位置を広く把握しておく必要があります。パートナーやサプライヤーと知識を共有し、製品やサービスの品質と範囲をさらに向上させるために、さらなるコラボレーションの可能性を探ります。

デジタルトランスフォーメーションの課題

デジタルトランスフォーメーションを進めるには多くの課題があります。良い点は、デジタルトランスフォーメーションプロセスを構造化し、予測し、成功に導くための、製造業者を支援する多くのツールやサービスがすでに用意されているということです。

ここでは、製造業でデジタル化を進めるに際して注意すべき課題をいくつか紹介します。

予算の制限

製造業の施設をデジタルトランスフォーメーションしてくのは、多額の投資が必要です。結果として返ってくることは短期的にも長期的にも多くのものがありますが、特に収益構造や経費構造に関しては、すべてのビジネスが異なることを念頭に置くことが重要です。2つのデジタルトランスフォーメーションのプロジェクトが同じになるということはないため、各プロジェクトごとに計画とカスタマイズが必要になります。工場や工場ごとにニーズは異なり、利用可能なリソースも異なります。

ただ、IoTは柔軟性があり、万能なツールではないということです。予算が限られている製造業者は、長期的なビジョンを持つことが、将来的に本当に価値のある目標に到達するために重要なので、最初は大きく考える必要があります。ビジョンを検討した後は、しっかりとしたROIのあるソリューションをプルーフ・オブ・コンセプトとして探し出すべきです。つまり、プロセスの最初の段階として、ネットワークによって収集されたデータ、およびそのデータに基づく分析と結果としてのアクションが、その特定のオペレーションにとって最も重要で影響力のある情報であるべきだということです。これらの中心的なパラメータが活用されると、ネットワークの能力をさらに高める方法を決定することができます。

関連知識の欠如

テクノロジーを導入するだけでは、それを機能させるための関連知識がなければ十分ではありません。従業員の知識に投資することは、IoTを製造業で活用していくには重要な部分です。社内の専門知識が不足している場合、経営者は外部のコンサルタントと提携したり、新たに従業員を雇用することを検討しなければなりません。そのような場合でも、IoTの導入は一人の従業員や部署だけの責任ではなく、全社の共有の目標とすべきです。

リジットな企業体質

製造現場へのIIoT導入は、わずかな改善というよりも、パラダイムシフトに近いです。この新しい技術を適切に導入するためには、組織自体を変える必要があります。これは気が遠くなるような話ですが、組織構造がリセットされて再テストされ、より良い従業員配置やその他の改善の機会が生まれることで、多くのプラスの効果につながる可能性があります。

1つのアプローチとしては、エンジニア、プロダクトデザイナー、データアナリスト、サービスの専門家を含むマルチなチームを結成し、デジタルトランスフォーメーションの先導役として活動することが挙げられます。このチームは、新技術をインキュベートし、POCを実装し、承認された後、成功したイテレーションを社内に展開していきます。

不適切な開発プロセス

製造業はIndustry 4.0 のより機敏な性質に合わせて、自社の技術スタックと開発プロセスに多くの変更を加える必要があることを理解する必要があります。四半期に基づいたリリースサイクルや、その他の長く硬直した反復スケジュールは、変更していく必要があります。目標は、全く新しい方法でデータを利用することであり、当然ながら、ビジネスルール、コンテンツの表示方法、データの活用方法の変更が必要となります。

これは、製造業における真の大変革を表しています。製品のリリースが継続的に行われるようになると、IoT開発プロセスは、ユーザーのフィードバックからのデータを利用したり、高いレベルのデジタルパフォーマンスを実現するためにアナリティクスを使用したりして、この動作をサポートする必要があります。

そのためには、安全なAPIを通じてデータの読み書きを可能にするアップデートが必要になります。これは、残念ながら5年以上前の基幹業務システムなど、時代遅れの技術では難しいことです。

従業員の消極的な態度

誰もが変化を受け入れるわけではありません。実際、ほとんどの人が職場環境の変化を歓迎していません。現在の製造業におけるデジタル化の混乱は、多くの従業員にとって脅威となっているだけです。

将来のことは誰にもわからないですが、変化は恐れるべきものではないのではないでしょうか。デジタルトランスフォーメーションプロセスへのコミットメントは、経営陣から始まり、個々の従業員へと受け継がれていくべきです。明確なコミュニケーションと透明性が鍵であり、この新しいテクノロジーの可能性について全員が興奮している状態も悪くはありません。

セキュリティ

デジタルトランスフォーメーションプロジェクトの開始時には、サイバーセキュリティを考慮に入れる必要があります。脆弱性のポイントを特定し、システムが完全に安全であることを保証するために、いくつかの防御層とフェイルセーフメカニズムなどを設置する必要があります。

 

さいごに

製造業におけるデジタルトランスフォーメーションを開始するための良いアプローチは、直接的または間接的に顧客に大きな利益をもたらすパフォーマンスの改善点を検討することです。これは、ビジネスモデルそのものだけでなく、サプライチェーン、オペレーション、カスタマーサービス、エンジニアリング、サポートなどの分野にも焦点をあてて検討します。

デジタルトランスフォーメーションプロセスを開始するためのその他のヒントを下記にあげます。

  • ビジネスの目的を明確にし、それを達成するための明確な戦略を立てる。
  • 測定可能なROIを実現できる短期プロジェクトから始める。
  • アプリケーションやデータをクラウドに移行し、ローカルゲートウェイにマシンデータを抽出し始める。
  • 単一の生産ラインや資産からテストし、スケールアップする。
  • デジタル技術の専門家と提携し、最新のソリューションとその導入方法を知る。

製造業におけるデジタルトランスフォーメーションは、ある企業では非常に顕著であり、ある企業では完全に進んでいない状態になっています。

現在、貴社の事業をどのように見ていますか?

そして、将来的にはどうなりたいたいと考えていますか?

この2つの非常にシンプルな質問に答えることは、デジタルトランスフォーメーション計画を策定する上での最初のステップとして重要です。

Report

Written by 日比 章善

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

GIPHY App Key not set. Please check settings

Loading…

0

What do you think?

品質でもイノベーションでも「日本の製造業は中国の目標だ」=中国報道 (news.nicovideo.jp)

小さな製造業のブランディングのはなし(2/2)