in

ロボットの導入が、コロナ禍を経て建設現場でも加速する (wired.jp)

建設作業を担うロボットの開発と導入が加速している。こうした動きを牽引しているのは、コンピューターヴィジョンやセンサー、そして人工知能(AI)の進化だ。そしてコロナ禍において人の数を減らして作業せざるを得ない現場の事情も、こうした流れを後押ししている。

この投稿は、私たちのかんたんな投稿フォームで作成されました。 記事を投稿してみる!

レポートする

Posted by 國定菜生

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

Loading…

0

What do you think?

高収益企業ファナック、なぜ利益率が40%から14%へ急低下?「中国製造2025」の脅威 (biz-journal.jp)

コロナ禍が「日本の製造業」を復活させるチャンスでもある理由 (diamond.jp)