in

あのミシン針工場が自力開発のAIを実戦導入デジタル革新で捻出した資源で新規事業開拓も (project.nikkeibp.co.jp)

人材や資金などのリソースが潤沢とは言い難い小さな規模の企業でありながら、自力でIoTやAIの開発に取り組んでいる熊本県の工業用ミシン針メーカー、九州オルガン針(熊本県玉東町)が、IoTによる予兆保全に続いて、今度はAI(人工知能)を活用した針の自動検査システムの実戦導入を開始した。自動検査装置を現場に実装するまでの経緯を報告する記事である。

この投稿は、私たちのかんたんな投稿フォームで作成されました。 記事を投稿してみる!

レポートする

Posted by 國定菜生

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Loading…

0

よければ高評価をお願いします!

クルマを走らせる550万人 | トヨタイムズ

革新的な統合プラットフォームが製造業のバリューチェーンの全体最適化を導く – 日経クロステック Special (special.nikkeibp.co.jp)