in

重厚長大なレガシーシステムを脱却し、DXにかじを切れ 稼働後の成果に徹底的にこだわる ニューノーマル時代のものづくりERP (special.nikkeibp.co.jp)

デジタルトランスフォーメーション(DX)が必須となった時代、製造業界でも取り組みが加速している。一方、その推進を担うデジタル人材や資金を捻出するには、ムダや非効率が存在している社内システムの見直しが急務だ。そこで多くの企業が、基幹系システムの刷新に取り組んでいる。これからの日本製造業が目指すべき基幹系システムとはどのようなものか。多彩な業種特化型ERPを提供するインフォアと、パートナーのSIerである京セラコミュニケーションシステムに聞いた。(聞き手:日経BP総研 イノベーションICTラボ 所長 戸川 尚樹)

この投稿は、私たちのかんたんな投稿フォームで作成されました。 記事を投稿してみる!

レポートする

Posted by 國定菜生

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

Loading…

0

What do you think?

「1兆円投資で世界2位を死守」ニッポン半導体の見えない明日 新工場建設というキオクシアの賭け (president.jp)

AWS、工業・製造業向けに5つの機械学習サービスを発表 (2020年12月4日) – エキサイトニュース (www.excite.co.jp)