in

市販品で構成した低価格IoTが効果発揮生産性を高めてIT投資資金を“貯金” (project.nikkeibp.co.jp)

非鉄鍛造、アルミ鋳造、精密切削加工などを手がける戸畑ターレット工作所(本社:北九州市)は、市販の民生用デバイスを利用した低コストのIoT(Internet of Things)システムを自作して、手作業を伴うアルミ製機構部品のバリ取り工程などに実装。作業時間の「見える化」による生産性改善を進めている。その大きな目的の1つは、将来の大型IT投資のための“貯金”だという。(取材・文:松尾康徳)

この投稿は、私たちのかんたんな投稿フォームで作成されました。 記事を投稿してみる!

レポートする

Posted by 辰巳竜一

中小製造業を応援しています! 辰巳工業株式会社元取締役、中小製造業向け経営コンサルタント(株式会社ヴィサイプ代表取締役)。家業の鋳物工場の成長させた実績から、現在は中小企業のブランディング(国内および海外)や事業戦略から現場改善への一連の統合した活動を支援。

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

Loading…

0

What do you think?

自動車では「視線検知/制御」に注目すべき (eetimes.jp)

韓国製造業に「脱・中国」は困難 高コスト・環境規制で自国回帰に壁 (www.sankeibiz.jp)