in

日立からグローバル対応のIoT活用支援サービス、サブスクで初期費用を抑える (monoist.atmarkit.co.jp)

日立製作所は2020年6月18日、企業のグローバルIoT(モノのインターネット)ビジネスの展開を支援するIoT活用サービス「Hitachi Global Data Integration」を体系化し、同年6月30日から販売を開始すると発表した。モノからデータを収集して利活用する一連の基盤機能を備えるサブスクリプション型サービスであり、グローバル環境下でのデータの利活用のための仕組みを、初期費用を抑えながら、手軽にスモールスタートできるサービスメニューを一括して提供する。製品や設備をグローバルに出荷する製造業などに向けて展開する方針だ。

この投稿は、私たちのかんたんな投稿フォームで作成されました。 記事を投稿してみる!

レポートする

Posted by 辰巳竜一

中小製造業を応援しています! 辰巳工業株式会社元取締役、中小製造業向け経営コンサルタント(株式会社ヴィサイプ代表取締役)。家業の鋳物工場の成長させた実績から、現在は中小企業のブランディング(国内および海外)や事業戦略から現場改善への一連の統合した活動を支援。

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

Loading…

0

What do you think?

コロナ禍で見直される遠隔操作ロボットの価値、普及は進むのか? (monoist.atmarkit.co.jp)

5Gは製造業の進化のチャンス?