in

コロナ禍で見直される遠隔操作ロボットの価値、普及は進むのか? (monoist.atmarkit.co.jp)

WHILLは2020年6月17日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を受けて、「『with/afterコロナ時代』のロボティクスを考える」と題したオンラインセミナーを開催した。その中から本稿では、遠隔操作ロボットの可能性を中心的テーマとして取り上げた東京大学 名誉教授の佐藤知正氏、及びMiraRoboticsのパートナー兼ストラテジストなどを務める羽田卓生氏の講演を、それぞれ抜粋してお届けする。

この投稿は、私たちのかんたんな投稿フォームで作成されました。 記事を投稿してみる!

レポートする

Posted by 辰巳竜一

中小製造業を応援しています! 辰巳工業株式会社元取締役、中小製造業向け経営コンサルタント(株式会社ヴィサイプ代表取締役)。家業の鋳物工場の成長させた実績から、現在は中小企業のブランディング(国内および海外)や事業戦略から現場改善への一連の統合した活動を支援。

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

Loading…

0

What do you think?

Federal Reserve

アメリカの製造業はV字回復が始まるのか?

日立からグローバル対応のIoT活用支援サービス、サブスクで初期費用を抑える (monoist.atmarkit.co.jp)