in

世界の製造業インタビュー②「先進国フランスの試作市場へ」前編 (keikakuhiroba-mfi.com)

テクノポートの稲垣です。今回は世界の製造業インタビュー企画です。第1回目の前回は、中国の工場運営者の方にインタビューを行いました。第2回目の今回は、切削部品加工受託業でフランスに事業展開を果たした、株式会社ダイショウの石塚社長にインタビューを行いました。

前編の今回は 「なぜフランスを選んだ?」 「フランス企業のメールのやり取りの特徴は?」 「フランスでの協力企業(パートナー企業)の探し方は?」 「加工する時の材料の仕入れ先は?」 などの質問に対し、現地で会社を運営する方の生の声をお届けします! フランスに進出の経緯について フランスに進出した経緯は? きっかけは、元々の本社があった神奈川県の茅ケ崎市の企業ネットワークでフランスに事業展開しようという話が挙がったことですね。加えて、我々の会社は試作をメインとして生業を立てているので、試作の市場は発展途上国ではなく、アメリカやヨーロッパ諸国などの先進国がターゲットになることも理由の一つですね。

This post was created with our nice and easy submission form. Create your post!

Report

Posted by tksaksk

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

GIPHY App Key not set. Please check settings

Loading…

0

What do you think?

NTTコムが製造業のスマート化支援に本腰、中核は3つのアプローチ (monoist.atmarkit.co.jp)

DXでスタートアップと同じ土俵に立つには、同じ道具、文化、体制の構築が必要 (mag.executive.itmedia.co.jp)