in

「デスクを持たない」製造現場の人員のためのSaaSを提供するCioplenu | TechCrunch Japan (jp.techcrunch.com)

ドイツのアウグスブルクを拠点とし、製造現場の「オペレーティングシステム」と彼らが呼ぶソフトウェアを開発するスタートアップであるCioplenu(シオプレヌー)は、このほど420万ユーロ(約5億円)のシード投資を獲得した。このラウンドを主導したのはベルリンに本社を置くCherry Venturesだ。そのほか、2018年にCioplenuのプレシードを主導したミュンヘンの42Capと、3つの非常に著名なエンジェルが参加している。

この投稿は、私たちのかんたんな投稿フォームで作成されました。 記事を投稿してみる!

レポートする

Posted by tksaksk

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Loading…

0

よければ高評価をお願いします!

SCSK、製造業向け生産管理テンプレートに進度管理やワークフロー (news.mynavi.jp)

日本電産永守会長が語る雇用と危機 コロナ・ショックにどう対応? (business.nikkei.com)