in

新規事業創出の高い壁、打ち破れる技術者とは? (xtech.nikkei.com)

 「新規事業が生まれにくい」という話をよく聞きます。人材獲得の支援事業を手掛ける筆者はさまざまな企業の担当者と話すのですが、大企業のように体制がしっかりした組織ほど大変な苦労があるようです。

考えてみれば、これは仕方のないことです。日本企業は組織の性格としてリスクを嫌いますから、新規事業というリスクテーク(リスクを承知で実行すること)とはそもそも相性が悪いのです。少し前に流行したオープンイノベーションや、大企業がスタートアップ企業に投資するCVC(コーポレート・ベンチャー・キャピタル)の興隆も「事業創出というリスクテークの外部化」と捉えれば、根っこには同じものがあります。

This post was created with our nice and easy submission form. Create your post!

Report

Posted by tksaksk

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

GIPHY App Key not set. Please check settings

Loading…

0

What do you think?

中小企業で「分業」復活 町工場など長所持ち寄る (www.nikkei.com)

「東芝はベンチャー企業だ」 どん底で見出した日本製造業の勝ち筋 (forbesjapan.com)