in

パンデミックに耐えうるサプライチェーンのリスクマネジメントとは(前編) (monoist.atmarkit.co.jp)

本連載は、“サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会”と題して、先進企業の動向と、新たなプラットフォームビジネスの可能性を紹介してきました。ですが、今現在、喫緊の課題となっているのは、社会全体に大きな影響を及ぼしている新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応でしょう。

この投稿は、私たちのかんたんな投稿フォームで作成されました。 記事を投稿してみる!

レポートする

Posted by 辰巳竜一

中小製造業を応援しています! 辰巳工業株式会社元取締役、中小製造業向け経営コンサルタント(株式会社ヴィサイプ代表取締役)。家業の鋳物工場の成長させた実績から、現在は中小企業のブランディング(国内および海外)や事業戦略から現場改善への一連の統合した活動を支援。

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

Loading…

0

What do you think?

4月ロイター企業調査:設備投資計画、「全て先送り」「最低限のみ」が8割弱(ロイター) – Yahoo!ニュース (headlines.yahoo.co.jp)

千葉県、売り上げ減の中小企業に最大30万円支給へ…6~7万社対象 : 国内 : ニュース (www.yomiuri.co.jp)