in

日本発ハードウェアベンチャーが世界で勝つための戦略とは?~河瀬航大×中島徳至×林要×島田太郎

source

フォトシンス・河瀬氏×Global Mobility Service・中島氏×GROOVE X・林氏×東芝・島田氏

G1ベンチャー2019
第6部分科会B「日本発IoTハードウェアベンチャーが世界で勝つための戦略とは」
(2019年6月16日開催/グロービス経営大学院 東京校)

2011年にマーク・アンドリーセンが「Software Is Eating The World」と予測して以来、ソフトウェアが世界を飲み込んできた。しかし、IoTの発展によって、今独自のハードウェアを開発するスタートアップが躍進しつつある。古来「ものづくり」をお家芸としてきた日本から世界で勝てる革新的なプラットフォームは生まれるのか。IoT事業の本質と事業としての課題、これからの展望を議論する(肩書きは2019年6月16日登壇当時のもの)。

河瀬 航大
株式会社フォトシンス 代表取締役社長

中島 徳至
Global Mobility Service株式会社 代表取締役 社長執行役員/CEO

林 要
GROOVE X株式会社 代表取締役

島田 太郎(モデレーター)
株式会社 東芝 執行役常務 最高デジタル責任者

This post was created with our nice and easy submission form. Create your post!

Report

Written by tksaksk

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

GIPHY App Key not set. Please check settings

Loading…

0

What do you think?

「第4次産業革命」がもたらす製造業の未来とは?~日本GE×ローランド・ベルガー×SAPジャパン

国内IoT市場、2024年には12兆6363億円規模に成長–IDC Japan予測 (japan.zdnet.com)