in

「Tangerine nearME」と「b→dash」がサービス連携することで、店舗×ECを組み合わせたシームレスなOMO分析施策を実現

Tangerine株式会社(東京都港区 代表取締役:平井 清人)は、株式会社データX(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:安部泰洋)と、システム連携したことをお知らせいたします。

本連携により、店舗(来店等)データとアクセスログデータ(ウェブサイト行動履歴)、ECの購買や顧客データを組み合わせた高度な分析施策を実現していきます。

■リリースの背景

小売業界では、DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進が活発化されており、D2Cの取り組みやアプリマーケティングの活用など、様々なチャネルを用いることで顧客接点の拡大や顧客体験の向上を目指す企業が増えてきています。そのような中、昨今においては、これまで取得困難とされてきた店舗の来店データを取得し、店舗の顧客/購入データや、ECサイトの顧客/購入データと統合することで、より顧客に寄り添ったOne to Oneマーケティングを実現したいというニーズが日々高まってきています。

このようなOMO(Online Merges with Offline)の分析や施策を実現するためには、カートシステム上に存在する顧客/商品データ、自社サイトでの行動履歴といったアクセスログデータ、ビーコンやセンサーを店舗に設置することで取得できる顧客の来店データや店舗でのアプリ活用履歴データを、シームレスにCDPへ連携/統合することが必要不可欠となります。しかし、こういったマルチチャネルのデータ連携を運用するには非常に高度な知識や多額のコストが必要となり、実現に至らない企業が多いのが現状でした。

このような課題を解決するため、この度、「Tangerine nearME™」と「b→dash」はシステム連携を行い、OMO施策の要であるオフラインデータとオンラインデータのシームレスなデータ連携を実現できる環境を提供することといたしました。

■連携のポイント

今回「Tangerine nearME™」が「b→dash」とシステム連携することにより、クライアント企業は店舗に設置したビーコンから取得した来店情報や店舗でのアプリ利用履歴情報を定期的にb→dashに連携し、自社で保有している顧客データやEC上で取得したデータと来店状況を紐づけることが可能になります。

例えば、これまでb→dash単体ではアプローチすることが難しかった、来店×未購入の顧客層へのメルマガ/LINE配信であったり、来店後の店舗別EC送客率や来店回数別のF2転換率などの分析もできるようになります。またb→dashでは、SQLを使わずノーコードで画面操作できるため、「Tangerine nearME™」の導入企業はシームレスにデータを連携し、エンジニアに外部委託することなく、マーケターご自身で高速にPDCAを回すことも可能となります。

さらに、b→dash上で作成したセグメントデータをTangerine nearME™に連携することで、来店時に店舗別でクーポンや来店スタンプなどのプッシュ通知やインストアサービスの提供も実現できるようになります。

このように、来店状況を踏まえてオンライン上でアプローチを行いつつ、かつEC利用状況を踏まえて来店顧客に対してアプローチをできるようになることで、より顧客のニーズに沿ったOne to Oneマーケティングを適切なタイミング、場所で実現できるようになります。

Tangerine nearME™のサービス紹介

当社が提供するリテールCXプラットフォーム nearME™は、ビーコンやカメラ、Wi-Fiといった様々なセンサテクノロジーを活用することで、生活者のオフライン行動データを収集分析し、小売業のDXを支援するSaaSベースのリテールCXプラットフォームです。 これまで不可能であったリアル店舗での顧客行動の把握から、来店客とのリアルタイムコミュニケーション、店舗からオンラインストアへの送客など、流通事業者に求められる新しいDX戦略を実現するために必要な様々な課題解決ソリューションをSaaSサービスで提供します。当社が提供するリアル店舗を起点としたOMOサービスは、既に国内の大型商業施設、大手アパレル企業・チェーンスーパーや公共機関など全国 3 万か所以上での導入実績があり、新しい時代に求められるスマホを起点とした店内エンゲージメントや販促サービス、店内での新しいユーザ体験の実現を通し流通事業者の課題解決をご支援しています。

■b→dashのサービス紹介

b→dashは、ユーザーデータ・広告データ・購買データなど、マーケティングプロセス上に存在する全てのビジネスデータを、ノーコードで取得から活用まで行うことが可能なSaaS型データマーケティングソリューションです。

最大の特徴は、ノーコードでデータの統合や加工がGUI上で実現できる新たな技術です。プログラミング技術がなくとも、直感的なUI/UXで操作できるため、誰でもSQLを使わず簡単にデータを扱うことが可能です。

また、CDP、MA、BI、web接客など計18機能をオールインワンで提供しているため、b→dashひとつで幅広いデータマーケティングを実現できます。加えてデータ加工・統合の技術をテンプレートとして豊富にご提供しているため、やりたい機能を選ぶだけで高度な分析施策を実施することが可能です。

「b→dash」の詳細はこちら

https://bdash-marketing.com/

 

関連情報

https://prtimes.jp/my_m3/mypage/action.php?run=mypage&page=detail&company_id=10314&release_id=31

レポートする

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

Loading…

0

What do you think?

【ランキング】2021年人気だった&ニーズが増えたビジネス知見とは?

【全業界対応】メディア×購入時期、広告媒体×年齢×商品などクロス分析も可能な広告特化データ分析サービス Innovel Adを月額9,800円から提供開始!