in

TERMINALが繊研新聞の調査にてWeb展示会システムの導入実績No.1に

ECプラットフォーム「TERMINAL」は、株式会社繊研新聞社が実施した、ファッション業界向けDXアンケートにおいて利用中の「WEB展示会システム」で最も多く利用されているサービスとなりました。

d10678-24-3231e3fb694136c97702-0.jpg

 

  • 繊研新聞社実施のアンケート調査について

ファッション業界における「DX=デジタルトランスフォーメーション」の必要性が注目されている中、コロナ禍によりビジネスの様々な前提が覆る昨今におけるDXの現状を調査するアンケートの実施。

調査時期:2021年7月

掲載紙面:2021年9月29日付(210929号)- 広がるかウェブ展示会 導入企業は3割止まり 「何を実現したいか」カギに 「検討中」多く 本社調べ

アンケート項目:

Web展示会システム(展示会をWebで行うサービス、商品情報をサイト上で表示、受発注の仕組み、バイヤーとのコミュニケーション、決済など)

・Web展示会システムを導入している(はい or いいえ)

・どのサービスを利用していますか?(サービス名 / 会社名)

d10678-24-c1175922f1047cb2e295-1.png

上記のアンケートにおいて、TERMINALが最も多くの企業に利用されているサービスであるという結果になりました。

アンケート回答者のうち、導入している企業は3割という結果ではあるものの、利用検討中の企業も多く、より今後の市場への導入促進が期待される結果となりました。

 

  • 今後の展開について

昨年の新型コロナウイルスの感染拡大により、ファッション業界においても働き方が変化し、新しい生活様式とともに、展示会や卸売における在り方も大きく変化しました。

TERMINALではみなさまのニーズにお応えするため、ファッション業界の様々な商慣習に対応した様々な取り組みやサービスのアップデートにより導入企業が大きく伸長しました。

今後もTERMINALの掲げる「展示会からはじまるファッションビジネスの未来化」の通り、オンラインでの展示会開催をきっかけとした、生産性向上、業務プロセスの全体最適やデータ活用によるビジネスの成長に寄与できるよう、市場環境の変化に合わせた開発・運営をおこない、多くの企業にご利用いただけるサービスを続けてまいります。

 

  • TERMINALについて

展示会開催、受発注管理など、ブランド・バイヤー双方のオペレーションをデジタル化。

洗練されたシステムと業界を熟知したパートナーが、業務効率化はもちろん、蓄積されたデータの活用を支援し、あなたのビジネスに新たな競争力をもたらします。

ファッション・ビジネスの未来はここに。

URL:https://order.the-terminal.jp/

 

  • ターミナル株式会社について

会社名 :ターミナル株式会社

所在地 :〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町31-14 SLACK SHIBUYA 501

代表者:代表取締役 伊奈亮輔

事業内容:TERMINALの開発・運用

URL:https://order.the-terminal.jp/company

関連情報

https://prtimes.jp/my_m3/mypage/action.php?run=mypage&page=detail&company_id=10678&release_id=24

レポートする

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

Loading…

0

What do you think?

オンラインAI商標登録プラットフォームの「コトボックス」日本最大級となるオンライン出願取扱件数1万件突破(※1)

国内初、商工会議所とBtoB越境EC運営のラクーンコマースが提携 コロナ下で海外販売事業を強化する鯖江商工会議所、卸販売の支援開始