in

ゼネテック、3D-CAD/CAMシステム「Mastercam」の日本語最新「Mastercam 2022」を9月1日にリリース

~高速で柔軟なツールパスがさらに進化~

株式会社ゼネテック(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:上野憲二、以下:ゼネテック)は、202191日より、3D-CAD/CAMシステム「Mastercam」の日本語最新版『Mastercam 2022』の提供を開始しました。

新バージョン『Mastercam 2022』では、より高速で柔軟な多軸プログラミングや、2Dユーザ向けの荒取りツール強化、モデリングの進化、そしてインテリジェンスと自動化の強化など、様々な新機能により生産コストの削減をはじめ、お客様の生産性向上に寄与します。またゼネテックでは、加工経験を有する専任技術者が使い方にフォーカスしたサポート加入ユーザー様限定Mastercamセミナーを開催するなど、充実したサポートサービスを展開し、お客様の生産性向上の実現に貢献します。

Mastercam 2022の主な新機能・特徴】

 

d10332-53-aedd081a323c70717bc8-0.jpg

■DesignCAD

・新しいメッシュ(STL)編集機能

・ワイヤフレーム要素のトップレベル編集

UVオーバーフロー ・法線機能強化 

・変形移動「フィット」強化

・変形移動「投影」メッシュサポート 

・曲線に沿ったスライス曲線が作成可能

・中心曲線(エッジ曲線の中心にラインを作成)が作成可能

d10332-53-7da9b740815d997907e4-1.jpg

■Mill(マシニング用)

3D High Speed最適荒取りがMillライセンスで利用可能

・多軸ユニファイドツールパス ・多軸バリ取り強化

2D加工領域の自動チェイン 

・よりパワフルで柔軟な3D接続

・穴加工ツールパスに干渉をチェック 

Mill工具アセンブリの構築

Verifyスマート計測を使用した解析機能

d10332-53-19634f192e9d22e544ba-2.jpg

その他機能

・ネットワークライセンスの切り離し

・ツールパス設定中のMastercam操作

・ツールパス自動再計算 

CADファイルリードアウト

・ツールパスマネージャーアイコンの変更

 

【日本国内リリース日】

202191日(水)

詳細情報⇒https://www.mastercam.co.jp/product/mastercam/whatnew2022/

d10332-53-414e820bbe52cdcfbf58-3.jpg

Mastercamのその他特長】

ダイナミックモーションテクノロジー(CAM

高送りと深い切込みによって1回あたりの切込み量を増やし、トータルの切削距離を短くすることで、加工の大幅な効率化と工具負荷の軽減を両立させるMastercamの独自技術。最も短い加工計算時間を実現し、高速加工向け各種新機能と併用が可能。

プライムターニング(旋盤)

通常旋削である押し加工の他、引き加工も行えるため、全ての方向への旋削が可能。無駄な退避動作を加工動作に変え、加工効率と工具寿命が向上。

バレル工具への対応

エムーゲフランケン社のサークルセグメントエンドミルに対応。ボールエンドミルでの加工と比較し、約30%以上の切削時間短縮となり、面品位の向上も同時に実現。

【製品展示情報】

メカトロテックジャパン2021MECT2021

会期:20211020日(水)~23日(土) 10001700

22日は18時まで、23日は16時まで)

会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)

https://www.mastercam.co.jp/news/mect2021/

Mastercamについて】

Mastercamは、1984年に米国CNC Software社によって開発された3D-CAD/CAMシステムです。柔軟性に富んだCAD機能、そして幅広い加工に対応する強力なCAM機能が多くのユーザーに支持され、全世界で274,000シート以上のインストール実績を持つ世界シェアNo.1CAD/CAMシステムと位置づけられています。(米国の調査会社CIM data社の調べによる)

【ゼネテックについて】

1985年の設立以来、国内のものづくり産業に寄与するソフトウェア・ハードウェアのシステム開発を中心としたデジタルソリューション事業および、製造現場向けに3D CAD/CAMシステム「Mastercam」や3Dシミュレーションシステム「FlexSim」などを提供するエンジニアリングソリューション事業の2軸をコアに、近年は災害時に位置情報を自動通知する防災スマートフォンアプリ「ココダヨ」のサービス提供にも取り組んでいます。

2018年から提供を開始した、日本初登場の3Dシミュレーションシステム「FlexSim」では、工場の生産ラインや物流倉庫などのレイアウト検討における圧倒的パフォーマンスにより、お客様の生産性向上に貢献してまいります。

製造現場の課題を理解し、デジタルファクトリーを実現するシステム開発からソリューションまで一気通貫で提案できるのがゼネテックの強みです。

ゼネテックに関する詳細な情報は、https://www.genetec.co.jp/ を参照ください。

【米国CNC Software社とSandvik社との買収契約について】

Mastercamの開発元であるCNC Software社が、今後SandvikグループDesign & Planning Automation部門の独立したビジネスユニットとして運営されることとなりました。

この買収契約によるMastercamの販売、契約、サポートは変わることがなく提供されます。

国内においても当社の業務に一切の変更はございません。

引き続きゼネテック及びMastercamをご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社ゼネテック エンジニアリングソリューション本部

Tel03-3226-8989 / Fax03-3226-9936 / Emailes-marketing-m@genetec.co.jp

【本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先】

株式会社ゼネテック 経営企画室 担当:佐藤

Tel03-3357-3044 / Email: PR@genetec.co.jp

*記載されている会社名・製品名は各社の登録商標、あるいは商標です。

関連情報

https://prtimes.jp/my_m3/action.php?run=mypage&page=detail&company_id=10332&release_id=53

レポートする

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

Loading…

0

What do you think?

大阪府八尾市、“ものづくり”でまちと人をつなぐコミュニティ通貨「まちのコイン」を10月21日から実証実験開始

「カイゼン × UX × デジタルの力で、ものづくり産業のポテンシャルを世界に解放する」をスローガンに製造業に特化した「製造業DXカイゼンプログラム」をリリース