in

サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)の市場規模調査ー タイプ別、展開別、組織規模別、業種別(銀行、金融サービス、消費財と小売、電気通信、製造、ヘルスケアなど)、地域別―予測2022-2030年

Kenneth Researchは調査レポート「サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」2021年08月 20日 に発刊しました 。レポートは、企業概要 、製品種類、販売量 、市場規模 、メーカ概要 、市場シェア 、などが含まれています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10347521

調査レポートには、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)の市場は、2022年に672憶米ドルの市場価値から2030年末までに2,345憶米ドルに達すると予測されます。また、2022-2030年の予測期間中に19.60 %のCAGRで拡大すると予測されます。

サービスとしてのプラットフォームは、アプリケーションプラットフォームとも呼ばれ、クラウドコンピューティングサービスのカテゴリです。PaaSは、コンピューティングネットワークと、アプリケーションを開発するためのさまざまなソリューションまたはツールを消費者に提供します。これにより、ホスティング施設のプロビジョニングの複雑さや、基盤となるソフトウェアとハ ードウェアの保守と購入の費用が削減され、アプリケーションやサービスの作成が容易になりますPaaSは、低い初期コスト、リソース共有、サービス使用管理サービスとしての増分コスト、自動化された実装、再利用、ライフサイクル管理、およびその他の利点を提供します。

インターネットユーザーの増加と、ソフトウェア開発中の俊敏性と移植性の向上、および安価なインターネット料金に対する需要の高まりにより、予測期間全体でサービスとしてのプラットフォーム(PaaS)の採用が増加しています。英国国家統計局(ONS)によると、英国の成人の92%が2021年にオンラインになり、2019年の91%から増加しました。

インターネットを利用している16歳から44歳の成人のほぼ全員(99%)、75歳以上の成人の54%が最近インターネットを利用しており、インターネットを利用している高齢者の数は2013年以降ほぼ2倍になっています。しかし、製品に対する認識の欠如、市場の高度な断片化、、2022-2030年の予測期間中に市場の成長を妨げる可能性があります。また、IaaSとPaaSの普及を組み合わせて使用 することで、BaaSとPaaSの需要の増加により、(PaaS)の採用と需要が増加しています。この要因は、予測期間中の市場成長が高まる可能性があります。

サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)の市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカなどに地域によって分割されています。

ヨーロッパは、インターネットユーザー人口の増加と確立されたデジタルインフラストラクチャにより、市場シェアの点で世界をリードする地域です。一方、アジア太平洋地域も2022ー2030年の予測期間中に最大の成長率を示すと予想されます。 COVID19の症例の増加、とデジタルインフラストラクチャの改善などの要因により、アジア太平洋地域全体のPaaS(サービスとしてのプラットフォーム)市場に有利な成長の見通しが生まれます。

サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)市場は、地域に基づいてさらに区分されます。

  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
  • 北米(米国およびカナダ)
  • 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)市場のセグメンテーション洞察

d59861-1649-27116d2e12e40ca74644-0.png

 

調査レポートの詳細内容について;https://www.kennethresearch.com/report-details/platform-as-a-service-paas-market-/10347521

サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)の市場は、タイプ別(サービスとしてのアプリケーションプラットフォーム、サービスとしてのインフラストラクチャプラットフォーム、サービスとしてのデータベースプラットフォーム、その他)、展開別(パブリック、プライベート)、組織規模別(大企業、中小企業)、業種別(銀行、金融サービス、保険、消費財と小売、情報技術と情報技術対応サービス、電気通信、製造、ヘルスケア、ライフサイエンス)、地域別などによって分割されています。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。

レポートのプロファイリングには、事業の概要、製品とサービス、主要な財務状況、最近のニュースと開発など、企業の主要な情報が含まれています。「サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)の市場」というタイトルのレポートは、サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)の市場業界全体を分析し、新規参入者が市場の詳細を理解するのに役立ちます。

サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)の市場におけるキープレイヤー

さらに、このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来のサービスとしてのプラットフォーム(PaaS)の市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)の市場における業界のリーダーはAWS、Microsoft、Alibaba Cloud、IBM、Salesforce、Google、Oracle、SAP、Mendix、Zoho Corporationなどです。

このレポートでは、ポーターの5つの力の分析、BPSポイント分析などの分析ツールを使用して、さらに詳細な情報に焦点を当てています。市場の分析データは量と値の両方で分類されているため、クライアントが分析の決定を行うためのより詳細な分析を提供します。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10347521

Kenneth Research会社概要

Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

関連情報

https://prtimes.jp/my_m3/mypage/action.php?run=mypage&page=detail&company_id=59861&release_id=1649

レポートする

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

Loading…

0

What do you think?

スマート製造プラットフォーム市場-タイプ別(デバイス管理、接続管理など);展開別(クラウドベース、およびオンプレミス);アプリケーション別、業界別–世界の需要分析と機会の見通し2030年

サステナビリティーを集合知で推進するプラットフォーム『Sasla(サスラ)』サービス開始