in

中堅・中小企業の製造業向け工場見える化ソリューション「S-mile(ミル)」をリリース

スモールスタートで始めるIoT

北菱電興株式会社(本社:石川県金沢市、代表取締役社長:小倉 一郎、

以下北菱電興)は、IoTを活用した製造業向け工場見える化ソリューション「S-mile(ミル)」をリリースしました。

 

d81332-4-2f034f1f58eaee65a94a-4.png

製造ライン見える化

 開発の背景 

中堅・中小製造業がスマート工場化を進めるためには、現状把握を行う手法の模索や、PoC(概念実証)後の実登用に向けた追加開発等、導入に行き詰まるポイントがいくつも存在していました。

スマート工場化に行き詰まる要因として多く挙げられるのは高コスト、IT人材が確保できない事です。これに加え、何を目標にスマート工場化を図るのかが曖昧であったり、設備投資によって得られる成果を経営者がイメージしきれないという点も挙げられます。

このような課題を解決するために、北菱電興では中堅・中小製造業向けに、生産性向上を目的としたスモールスタートで始めるIoTソリューション『S-mile(ミル)』をリリースしました。北菱電興の実生産工場を、S-mileを活用したラボ工場としています。

d81332-4-7ae5c955699b57dcb9a1-1.jpg

S-mileのラボ工場として活用するいなほ工場

 工場見える化ソリューション「S-mile(ミル)」とは 

S-mileのラボ工場での実証から、利用率の高いシステムの形を想定し、中堅・中小企業向けに構築した工場見える化のソリューションが「S-mile(ミル)」です。

工場見える化ソリューション「S-mile(ミル)」は、以下の3要素で構成されます。

  • 多様なデバイスを用いて設備及び環境情報を収集する「S-mileセンサー」
  • 収集データを集約しクラウドへアップロードする「S-mileゲートウェイ」
  • クラウド上で状態監視を行う「S-mileクラウド」

 S-mileソリューションは固定化されたパッケージではなく、顧客のニーズにあわせて柔軟に活用できるフレームワークです。ラボ工場での工場見学を用いた顧客の課題抽出に始まり、実際に現場訪問し、現場の改善すべき目標を設定することで、既存の生産ライン設備を活かしたソリューションを組立てることが可能です。

d81332-4-83dbb25bd4361587fe26-3.png

S-mile クラウド(稼働監視)画面

 「S-mile クラウド(状態監視)」の概要 

WEB上で、装置稼働情報の行燈表示、タイムライン表示が可能です。稼働状況を把握し、装置稼働の改善結果をシステム上で確認出来る様になることで、現場での改善活動の取組を強力に支援します。また、温湿度などが計測出来る環境センサー情報は等値線を用いたグラフにより工場内の環境を直感的に確認することが可能です。

 今後の展望 

S-mileを活用したラボ工場への見学を随時開催しております。今後は自社開発に基づく新規機能の追加や機能拡充に加え、顧客課題も盛り込んだ更なるソリューションの拡充を進めて参ります。

関連情報

https://prtimes.jp/my_m3/mypage/action.php?run=mypage&page=detail&company_id=81332&release_id=4

Report

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

GIPHY App Key not set. Please check settings

Loading…

0

What do you think?

【東大発AIベンチャー】深層学習モデルの量子化により、データ処理速度を最大5倍にすることに成功

ビッグデータソフトウェア市場、2021年から2026年まで力強く成長見込み